凶方位への引越しを気にしない方が良い理由【災厄は心からくるもの】

凶方位の引っ越しでも気にしない

方位の占いでは、凶方位に引っ越しをすれば、運勢が悪くなり災厄が身に降りかかるといいます。

九星気学の鑑定士のなかには、本命殺・本命的殺・暗剣殺・五黄殺・歳破などの方位に引っ越せば、凶作用の影響が60カ月、もしくは60年続くと言う方もいるのです。

はたして本当に引っ越しをするのに、九星や奇門遁甲などの方位に関する鑑定どおり凶方位の引っ越しは避けたほうがいいのか…

引っ越しをするときに凶方位を気にする必要はありません。引っ越しをするときは、方位の吉凶を調べたり、気にしたりせずに、自分の都合のよい物件に引っ越すべきです。その理由は以下の通りです。

その一、方位を気にすると泥沼にはまる
その二、吉方位や凶方位は運勢を左右しない

身の上に起こる災厄は方位によって招かれるものではなく、人の心が招くのです。方位の吉凶に迷い、心を粗末にすればいくら凶方位を避けようとも災厄からは逃れられません。

鑑定をおこない凶方位をさけて吉方位をとろうとも、心が悪ければ悪いことが起こります。反対に、凶方位をとろうとも、心が正直であれば仕合せは良くなります。

これが世の道理であり、方位を気にしないでよい理由です。

本記事では、凶方位への引っ越しを気にしなくて良い理由、運勢を良い方へと導く考え方をご紹介いたします。

目次

凶方位への引越しを気にしない方が良い2つの理由

凶方位への引っ越しを気にする必要がない理由は以下の通りです。

その一、方位を気にすると泥沼にはまる
その二、吉方位や凶方位が運勢を左右しない

その一、方位を気にすると泥沼にはまる

方位を見て凶方位を避けようとしても、現実的に避けることは不可能であり、気にし過ぎるとお金と時間を浪費し、精神を摩耗します。

方位占いの鑑定は複雑怪奇であり、専門家のあいだでも異なる鑑定結果がでることが多々あるからです。

例えば真北(普通の北)で鑑定を行うか、それとも真北に対して約7度西側にずれている「磁北」で鑑定を行うか。移動距離と滞在時間によって凶方位がどれだけ大きく作用するか。九星気学に凶作用はない、奇門遁甲の鑑定こそ本物だとか。

占い師の流派によっても鑑定結果が異なります。

また、守ったにもかかわらず災厄が起きると「鑑定が間違っていたのでは?」と疑心暗鬼におちいることも少なくありません。

そうして、気学から奇門遁甲など別の鑑定方法を模索し、「運命を良くするには、もう一度吉方位に引っ越しをするしかない」という考える方もいるようです。

「住みやすい場所に引っ越して快適な人生をおくる」という目的だったはずが、いつしか「引っ越しは吉方位をとるための手段」にすり変わってしまう。

泥沼とはこのようなことを言うのかもしれません。

方位学に足を踏み入れると、悪い出来事は全て凶方位を取ったことが原因ではないかと思えてき、引っ越しが自分の運命を握っているように思えてきます。

このように凶方位を調べたり、避けたりすることは精神を摩耗させ、お金と時間を奪うなど生活にあらゆる支障をきたします。

方違えは効果がない?

例えば、凶方位を避ける手段としてよく耳にするのが「方違え」。方違えとは、「短期間に二度引っ越しを行う」ことです。

上の図のように東の方角が五黄殺で凶方位となっているとします。

東の方角に引っ越すには、まず一度東南の方角に引っ越し、その後しばらくして東北に引っ越せば、吉方位を取りながら凶方位である東に引っ越しができる。これが「方違え」です。

しかし、一度目の引っ越しから一定期間(最低2カ月など)、住まなければ効果がないと言われ、その間は家族全員でホテルで生活なんてこともあるそうです。

ここまでしないと目的の場所に住めないのは、なんとも不便です。しかも、方違えは方位神に適用されるもので、九星での凶方位には無効との意見もあります。(やっぱりむつかしい)

このように方位の吉凶を見たり避けたりするのは、人によって言うことがバラバラであり、それをまともに聞くならば、お金と時間を無駄に使い、心は疲弊するでしょう。

その二、吉方位や凶方位は運勢を左右しない

凶方位に引っ越しを行えばさまざまな悪いことが起こると言われますが、その原因を突き詰めれば心が原因という答えにたどり着きます。

以下は、凶方位に引っ越したときに起こるといわれる災厄の一部です。

  • アルコール中毒になる
  • 短気のために失敗する
  • 強欲になり損失を招く
  • 隠し事がスキャンダルに発展する
  • ギャンブルや株にはまり大金を失う
  • 怠慢によって、社会的に失墜する
  • 争いごとが起こる
  • 色ごと、酒欲で難儀する
  • 詐欺に遭う
  • 家庭不仲になる。

これらの問題は方位が原因でなく、どう考えても心の未熟さが招いてしまう結果です。たとえば、凶方位をとればスキャンダルが露呈し世間からの信用を失うといいますが、それは隠れて悪いことを行うからではないでしょうか?

昔から”天知る、地知る、人知る”といって、人に隠れて悪いことをしても天は見ており、不正を行えば必ず露見します。

スキャンダルに発展しないためには凶方位の引っ越しを避けるのではなく、裏表がないように正直に生きなければ根本的な解決にはなりません。

また、凶方位に引っ越しすれば家庭の不和が起こるといいますが、家庭の不和が起こる原因こそ心にあります。

  • 家族の嫌なところを受け入れらず相手を責めてしまう
  • 家族を自分の思い通りにしようと怒鳴ったり暴力をふるう
  • 収入に見合った生活をせずに浪費をする
  • 固定観念を押し付け、家事育児をパートナーに任せる

不仲になる原因はさまざまですが、これらは決して方位が招くものではありません。

家庭の不和は心(特に親の心)が招くものですから、引っ越しで凶方位をさけるのではなく、夫婦が互いに協力し合い家庭の円満を目指すことが第一ではないでしょうか。

災厄の原因は方位ではなく”めぐり”

災難は凶方位によって招かれるものではなく、めぐりによって起こるものです。

「めぐり」とは、ブーメランを投げたら自分のもとへ返ってくるように、心の悪習の積み重ねが巡りめぐって自分の身の上に災厄として返ってくることをいいます。

例えば、子供を叩けばそれがめぐりとなって後に災厄として返ってきます。

それは離婚という名の災厄かもしれませんし、親子の不仲、親不孝、子供も同じように自身の子供を叩き不幸になるという災難かもしれません。

どのような形で返ってくるかは分かりませんが、発端は堪忍できずに腹を立てて子供を叩くことです。それがめぐりにめぐっていつか返ってくるのです。

それまで順風満帆に人生をおくっていても、ある日、急に災厄が降りかかることがあるように、めぐりはいつ自身のもとへ返ってくるかは分かりません。

今自分の身の上に起こっている災厄や問題は、過去の自分や先祖が積んだめぐりが返ってきたものかもしれないのです。理不尽に感じるかもしれませんが、それが「めぐり」というものです。

災難は凶方位に引っ越したから起こるわけではなく、親先祖や自身の心によって積まれためぐりが原因で起こるのです。

なので、凶方位を避けて吉方位に引っ越したからといって、運勢がよくなるわけではありません。

以上が、凶方位への引っ越しを気にしない方が良い2つの理由です。

その一、方位を気にすると泥沼にはまる
その二、吉方位や凶方位が運勢を左右しない

暗剣殺や五黄殺などの凶方位でも気にしないで引っ越しするべき

凶方位を嫌って避けることは神への無礼であり、めぐりを積む行いです。

人間が住む地上は、日の神のお照らし下さり、地の神が育むお土地。暗剣殺の方角だから草木が育たたないわけでも、五黄殺の方角だから海が腐敗し魚がとれないことはありません。天地の神は、いかなる方位方角も平等に守るのです。

そのお土地に対して「こちらの方位は悪い」と嫌って避けるのは神へのご無礼。無礼が積み重なれば、人はめぐりを積むのです。

引っ越しをするときには、方位の吉凶は気にせずに、神さまに一言「神のお土地を使わせていただきます。どうぞお守りください」と願い届け、心の悪い癖を一つでも直せば運命はよくなります。

金神乃宮の方位断り

  • 皆さまのお悩み一つ一つを取次者が地の神「鬼門金神」にご祈念します。
  • 方位の悩みを解決し、吉凶に縛られず引っ越し、旅行、建築、すべてを自由に。
  • メールで願いを届けるため、自宅にいながら依頼できます。
  • 面倒な登録や祈願料はありません。神へのお供えはすべて真心から。

金神乃宮の方位断り

  • 皆さまのお悩み一つ一つを取次者が地の神「鬼門金神」にご祈念します。
  • 方位の悩みを解決し、吉凶に縛られず引っ越し、旅行、建築、すべてを自由に。
  • メールで願いを届けるため、自宅にいながら依頼できます。
  • 面倒な登録や祈願料はありません。神へのお供えはすべて真心から。

災厄を取り払い運勢をよくするには?

身の上に起こる災厄とは凶方位によってもたらされるのではなく、心の悪癖がめぐりめぐって自身に返ってくるもの。また、先祖の残しためぐりが自身に返ってくることです。

このような災厄を取り払うにはどうすればよいのでしょうか?それは先祖のめぐり、身のめぐりを取り払ってもらうように神に願い、心の改まりを行うことです。悪い心を良い心に改めればめぐりを断ち切り、仕合せ(運勢)を良くできます。

悪い行いや悪い心は、のちの自分や子孫に返ってくるといいましたが、良い行いや良い心にも同じことが言えるのです。

たとえば、親が家の中で愚痴不足を言わないように心がければ、子供もそれを見習って不平不足を言わないようになります。親が良い心になれば子供も良い心となり家庭の円満となるのです。

また、「腹八分に医者要らず」と言うように大酒大食を慎み、食物をいただくときは天地の神に体の丈夫を願ってありがたく頂けば健康に恵まれます。(病気の50%は生活習慣が原因と言われるのですから)

運命を良くするには、時間がかかるものですが神に願い心を改めていけば、めぐりは取り払われ着実に仕合せは良くなります。去年より今年、今年より来年と運命がよくなるのです。

終わりに

方位の吉凶の鑑定は、人を幸せにするというよりも、不安にさせる要素が強く、むかしから多くの人を悩ませてきました。

それもそのはず、引っ越した(または、これから行おうとしている)方角が凶方位であったと聞かされれば、「自分や家族の身の上に不幸なことが起こったらどうしよう…」「病気になったのは凶方位のせい…?」と不安に思うものです。

しかし、災厄は凶方位に引っ越すから起こるのではなく心が招くものです。神に願って心を改めれば大難は小難、小難は無難におまつりかえいただき、方位の吉凶に左右されない自由な引っ越しができます。

今回は以上でございます。

SHARE
目次